交通事故鑑定人・林洋
鑑定依頼の手順


先ず、電話           
鑑定を依頼しようと思ったら、先ず、電話で相談して下さい。    
電話で大凡の状況を御説明下さい。
電話029−851−1607  FAX 029−851−2575
                          Eメール hayashix@intio.or.jp
鑑定資料を見せて頂く                                                
概ねの状況をお聞きした上で「お手持ちの資料をお送り下さい。どのような結論が出るか試算してみましょう。その上で鑑定をお引き受けするかどうかを決めましょう」と申し上げます。
この段階を「技術相談」と申しております。資料をお送り頂く際に、小額の技術相談料を頂きます。鑑定資料送付と同時に技術相談料をお振込み
頂きます。標準料金表は、ご要請に従い、この段階にFAXまたはEメールでお送りします。         
ただし、この後に鑑定に進まれる場合には、この技術相談料は、鑑定料から差し引きます。

検討結果をお知らせする                                             
送って頂いた資料に基づいて行った一次的な検討の結果を電話または面会の上でお知ら致します。
「この場合には鑑定は有効」「この場合には鑑定は無理」「この場合には、対立する蓋然性のうち、こちらの蓋然性の方が高い。ここまではいえる」ということを率直に申し上げます。
それ次第で、鑑定依頼に進むかどうかをお決め下さい。

追加の情報                                                        
場合によっては、追加の情報が必要になる場合があります。事故車に関する技術資料、事故現場や事故車の検分、実験等ですね。

私的鑑定の場合には、原則として弁護士を通してご依頼頂いております。

  一般的に必要な鑑定資料

交通事故の実況見分調書および同書添付の図表、写真、供述調書等、被害者の受傷の記録(診断書、死体検案書等)事故車の破損状態の写真、修理見積書、調査会社の報告書等、車検証
出来るだけ、私自身の事故車、事故現場の検分

表紙に戻る

林技術事務所の所在

交通事故鑑定の課題