7MHz CW transceiver.. .
7MHz is best band in order to make domestic QSO. But 7MHz ssb is too crowded to make QSO with QRP. Therefore 7MHz CW is best way to make domestic QSO. I will show you my handmade 7MHz CW QRP transceiver. See the block diagram.
About receiver.. ..**
This is a normal single conversion super heterodyne. **
This machine has 300Hz crystal filter. Yes, it is super-narrow filter. I made it with 3.57MHz croma-crystal for TV. **
Two oscillator is connected to each DBM ( double balanced mixer). Because the load of oscillator is not changed in transmit and in receive , the oscillated frequency cannot change. It can work very static. *

Total gain of it is 94dB. Do you feel it's small? This machine has good S/N ( signal noise figure) because of it's narrow filter. Therefore it can provide very clean received-signal. It is more important than the volume of the signal. ***
This machine has no gain control. I live in the country side. I have no local station in my town. I have no need to receive so strong signal. **
Audio power output is 10mW. I use headphone. **
About transmitter.. ..**
In transmitting time , Rit circuit changes the oscillator-2 600Hz automatically. **
Rf power AMP is 3 stage. I can change the Vcc. Output-power is changed from 4.4W to 6W. **
Mix-2 is constructed by a high-level-mixer. You can use there a normal DBM mixer, because the dealt power is not so big. This unit is junk from another broken product of myself. **
About case..**
See the photo! This case is a second use. My friend, Mr.Haraguchi said to me that my product must has some useless holes on the case, and the letter on it must be written with thick magic pen. This photo shows you my way of handmade. HiHi. I can make contact with all domestic stations, with my dipole antenna.
After use this transceiver for several days, I changed the AF-AMP, in order to reduce the noise. About it see the page 53.
ON17Aug97, I made QSO with k6XX,with this rig. I received 579-report.

7MHz CW トランシーバー.. .
7MHz は(1年中国内各地に開けているので)国内QSOをするために最適なバンドです.しかし,7MHzSSBは,QRPで運用するには,混みすぎています.CWならSSBほど混んでいませんから、7MHz CW は,国内QSO をする最も良い方法です.手製の7MHz CW QRP トランシーバーをお見せしましょう.ブロックダイアグラムを見て下さい.

受信機について:これは,普通のシングルスーパーヘテロダイン受信機です.この機械は,300Hzの通過帯域の水晶フィルターを持っています.それは,すばらしいナローフィルターです.私は,それをテレビ用の3.57MHz クロマ水晶で作りました.2つのオシレーターは,それぞれのDBM(ダブルバランスドミキサー)に接続されています.オシレーターの負荷は,送信時と受信時で変わらないので発振された周波数が送受信で変わる心配がありません.それは,とても安定に働くことができます.このトランシーバーの受信機としての利得の総計は,94dB です.それは少ないと感じますか? このマシンは,ナローフィルターによってよいS/N ( シグナルのノイズ比) を持っています.それゆえに,本機はとてもきれいな受信信号音を提供することができます.それは,シグナルの大きさより、より重要です.この機械には,ゲインコントロールが有りません.私は,郊外に住んでいるので.都会の様なスーパーローカル局がありません.ですので、高周波段を飽和させるような強力なシグナルを受信する心配はありません.オーディオのパワー出力は,10mW です.私は,ヘッドフォンを使っています.

トランスミッターについて:送信時には,リット回路によって,自動的にオシレーター2の信号は 600Hzずらされます.高周波電力増幅機は,3 段階です.本機では,電源電圧(Vcc) を変えることによって、送信出力電力が,4.4W から6Wに調節可能です.第二ミキサー2 は,ハイレベルミキサーによって構成されています.扱われるパワーが,それほど大きくないので,そこに普通のDBM ミキサーを使ってもいいと思います.このハイレベルDBMユニットは,(私自身の)別の壊れた作品からのジャンクです.

ケースについて:写真を見て下さい! このケースは,中古です.私の友人,原口さんは,「私(砂村)の製品のケースはいくつかの役に立たない穴を持っているべきであり,またそれの表示文字は,太いマジックペンで書かれていなくてはいけない。」と言いました.この写真が,あなたに私流の自作の道(やり方)を示します.HiHi .




back to index