QRP SWR meter......swrphotokk.jpg
A lot of troubles occur, when I make expedition on the local hill. For example miss connection between transceiver and the antenna occurs sometimes. In order to avoid these troubles, I will recommend you to use the SWR-meter in every time of your QSO. I made special QRP-machine and used it on the hill. About these machines itself you can look them on another page of my home page. Therefore I must make the QRP-SWR-meter. See fig 1! This box is inserted between rig and antenna. A pair of M-connector is connected by the short vinyl coated wire. The wire passes through the hole of a ring-core. Another 6 turn of coil is made on the core. And detectors are conjunct on each side of coil. The center of the coil must be grounded through by the proper resister. If you connect two meters on the each end of the detector, you can make the SWR meter of 10W class. But in this machine, I put amplifier and peak holder between meter and detector. The OP-AMP must be single power souse type. I used HA17902. I can measure 10mW QRP by the amplifier. I can measure the peak level of SSB signal by the peak holder. HA17902 is a special single power supply OP amp made by Hitachi Company.

QRP SWR メーター
週末、近所の丘(朝日峠標高300mや燕山(ツバクロサン)700m:どちらも筑波山のローカル)に移動運用をする時には,いろいろなトラブルが起こります例えば,トランシーバーとアンテナの間の接触不良等が,時々起こります。トラブルを避けるためには,QSOの間じゅうSWRメーターを見ているのが最善策です。強くお勧めします。私は、QRP機を使っていまので、QRP専用SWRメーターを作る必要がありました。図1 を見て下さい! この箱は,リグと空中線の間に接続します。一組のMコネクターの間を,短いビニール電線で結びます。電線は,その間で、トロイダルコアの真ん中の穴を突き抜けさせます。そして、別の電線を、6回コアに巻きます。そして検波器をこの巻いた電線の両端に付けます。中央は抵抗を介してアースします。もし,それぞれの検波器の終端にに2個のメーターを結べば,10WクラスのSWR メーターのできあがりです。が、しかし,この機械では,メーターと検出器の間に増幅器とピークホルダー(尖頭値保持器)を置いています。ここで使用するオペアンプは,ぜひとも、741等の汎用型では無く、単電源型でなければなりません.私は,HA17902を使いました。このオペアンプの働きで10mW QRPの通過さえも、測ることができます。さらにそれだけでは無く、このSWRメーターは,ピークホルダーの働きによってSSB信号のピークレベルを正確に測ることができます。これは市販のSSB用SWRメーターの真似をしただけですが、快適です。


return to index