t_01.gif (7682 バイト)

2017〜18年度
つくばシティロータリークラブ


会長 野堀幸夫


  今年度のRI会長イアンH,SライズリーはRIテーマとして『ロータリー;変化をもたらす』を提唱しています。「ロータリーとは何ですか」という問いに、「私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて変化をもたらすことによって」と訴えております。   
ロータリー入会のきっかけは何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。
 2820地区保延輝文ガバナーの地区テーマ『未来へチャレンジ』です。理念を持って、前を向いて挑戦していこうという意味を持っています。
 これらの方針を受けまして、今年度いくつかのクラブ行動方針を決めさせていただきました。
1. クラブのサポートと強化
   クラブの会員基盤を広げ、多様な会員を増やすことによりクラブに新鮮なアイデアがもたらされます。クラブ内外に『変化をもたらす』には会員の積極的参加が必須です。
 会員増強、出席率の大幅な向上を目指します。
   
2. ロータリー公共イメージと認知度の向上
   広報委員会とクラブ会報委員会を一つにしました。『未来へチャレンジ』するには新しい広報委員会が、地元、地域社会にロータリー活動を常に発信することにより認知度が高まります。ひいては新しい会員の発掘にも繋がると思います。
   
3. 事業の継続と発展
   創立25周年を迎えます。当クラブの諸先輩がたが築き上げた多種多様の素晴らしい事業は継続発展させていきたいと思います。
   
4. 国内外の友好クラブとの親和並びに締結
   当クラブ会員の奉仕、親睦活動を活性化するには国内外の友好クラブとの往来も必要かと思います。無理のない範囲での関係を構築していきたいと思います。
   
5. 親睦活動の充実
   会員の奉仕プロジェクトへの積極的参加はもちろん重要です。参加意欲の持っていただくには会員及び家族の相互理解が大切と考えております。親睦活動を通じてクラブライフを楽しんでいただきたいと思います。
 

会長あいさつクラブ紹介会員紹介活動報告クラブ会報関連サイトリンク

 

 

Copyright(C)1999-2010 Tsukuba City Rotary Club.